読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第33回 長岡IT開発者勉強会に参加して感じたこと #nds33

第33回勉強会(2013/09/28) Scala入学式 - 長岡 IT開発者 勉強会(NDS)
久しぶりにちゃんと参加しました、NDS
今回は、Scala入学式ってことで、意外にも静的型付け言語がメインです。
私が参加した会では、大体PerlRubyさんたちのような動的型付け言語が主流だったのでNDSって奴はそういう会だと思ってたのですが、静的型付け言語+IDE使用と来たもんです。事前準備のIntelliJ IDEAのインストールに「げっ」と思った人は少なからずいるのではないでしょうか。


勉強会自体は、猫型先生(@)さすが、という感じでした。
若い開発者の心を鷲づかみにする技はとても真似できません。*1
ただ、私はbotの写経の早い段階で躓いてしまい、声を上げるのも憚られたので大人しくしてました。
他の人たちは何事も無く終わって「ガッ」してたので、これが若さか...とか勝手に寂しがってたのは秘密です。


静的型付け都市
ニー型!!!!!

圏論都市
ニー型!!!!!


熱いじゃないですか、Niigata。
静的型付けは面倒なことも多いかもしれませんが、強力なパートナー『IDE』がいます。
IDEの機能を使って、他人の書いたclassやメソッドも追いやすくなりますよ。
どこにあるかすぐに見つかりますよ。
そのソースコード、自分が死ぬまでメンテするわけでもないでしょうに。
IDE使うとPCが重い?メモリを積めばいいじゃない!PC買い換えればいいじゃない!
時間は金で買うんです!*2


LTも個性的なものばかりで、大いに楽しませてもらいました。
開発してて楽しければ使う側も楽しいものになりやすいでしょうし、東京とかの仕事を持ってきて受託開発やるだけじゃなくて、新潟からのサービス立ち上げに力を入れていけば技術好きな人もこっちに残ったり、来たりしてくれるんじゃないかなーと。

毎度のことながら、NDSに参加した後は新潟に元気のある人いっぱいいるよなーと感じます。
この勢い、県内の他の業界にも波及できたらもっと良いですよねー。

*1:そっかーゲームかー。下手なオブジェクト指向を解説する教本よりも楽しく深く学べます

*2:まぁ、IDEに限った話じゃありませんが