読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱりSIは楽しい

今年からSIの部隊に戻されました。

このご時勢ですからSIなんて先細りじゃん、とか
あぁ、敗戦処理か、とか思っていたんですが


やっぱりお客さんの所で提案して仕様を詰めていくのって楽しい。
そりゃ、無理難題突きつけられることもあるし、Webアプリなのに
ホストっぽいUIを求められて辟易することもあるけど、
リアルに「機能を求める人がいる」ことに対して
アクションできることっていいですねー。
使う人の顔が見れるってことは楽しいです。


まぁ、提案しても通らないことが多いんですけど、
実装のしやすさだとか保守しやすさだとかの観点で攻めて
「早く作ってリリースして、次の開発をしてシステムをよりよくしていこう」
という気分になってもらったり、
そもそも運用が回るの?という脅しも込みで話をすることで
「金と時間をかけて作った割には見向きもされないシステム」を
作らないようにお客さんの意識を向けさせたりすることは
きっと無駄じゃない。


業務知識が乏しければ、まずは技術的な提案でもいいと思う。
でも、その裏にどんな業務があって・・・ということが考えられたものでなければ
ただの「技術の切り売り」。
最初は知らなくていいけど、ユースケース的にでもいいから
業務を理解した上でないと提案しても通らないと思う。
まずは、お客さんの業務を「知る」ことが大事です。
その姿勢が伝わるなら、いい関係が築けると思うんです。
技術者だからといってフレームワークの理解だけに固執してたんじゃ
絶対いいシステムは作れませんよ。